下半身ダイエット成功の方法

「いくらダイエットをしても肝心の脚だけは細くならないんだよね」

そんな声も圧倒的に多いようです。

いくらがんばっても脚は細くならない。。。
そんな風にあきらめていませんか?

大丈夫!
かならずあなたの脚は細くなります。

下半身太り

女性の多くが抱えているのが下半身が太いという悩み…。

たとえほっそりとした脚の持ち主であっても一日が終わるころには
きまって脚がむくんでパンパンに…

冷えや生理などの体調によってもむくみ度合いは微妙に変化します。

女性の身体って本当に繊細なんですよね。

でもたかが「むくみ」とあなどるなかれ~!
このむくみが蓄積されると
あのにっくきセルライトの温床となってしまうのです。

逆手にとっていえばまずは体質から改善し冷えにくくむくみにくい身体をゲットすれば自然とこれらの悩みも解決されます。

そして…本来のあなたの美脚を取り戻すことができるのです!

「え~…?…だって私、もともと美脚なんかじゃないし…。」

そんな風に一瞬思いませんでした?
それこそがあなたにしみついてしまった手放すべき固定観念ですよ。

本来のあなたの脚は、むくみしらず、贅肉知らずのすらりと伸びた美脚なのです!

もしも今「私の脚は細くない。」と、思うのでしたら、それはあきらかに今までの生活習慣の影響に他なりません。

いつの間にか身体にしみついてしまった悪しき習慣を根本から排除しましょう!

その上で正しいアプローチを行えば誰もが簡単に憧れの美脚を手にすることができるのです。

なぜ足は太くなるのか?

上半身に比べて、下半身が太い「洋梨タイプ」。

上半身は痩せたのに、下半身だけはそのまんま、という苦いダイエット経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

お尻・太もも・ふくらはぎ・足首は、お腹や胸囲などの上半身とは、からだのメカニズムが異なっていることに原因があります。

腹筋運動でお腹は引っ込められたのに、太ももや足は細くならないのは、このためです。

下半身太りの原因とされるレセプターとは、脂肪細胞の表面についている、脂肪の貯蔵や放出をコントロールするいわゆる受容体のことです。

女性が下半身太りになりやすい原因は、女性の体の中で、脂肪を貯蔵するレセプターを持つ細胞が、特に下半身に多く集まっているからだと言われています。

一説によると、上半身の細胞には、

脂肪貯蔵レセプター1つについて、6つの放出レセプターがついているのに対し、

下半身の細胞には、その逆で、1つの放出レセプターにつき、6つの貯蔵レセプターがついていると言われています。

もともと下半身は上半身に比べて、

脂肪をため込みやすく、太りやすいしくみになっているのです。

下半身が太りやすいのには、まだ理由があります。

それは「セルライト」の存在です。

セルライト

女性にとっての天敵!ともいえるあのにっくき「セルライト」!!

あやつは本当にしぶといです。

昔はこんなでこぼこなかったのに~。そんな風にショックを受けているのは、あなた一人ではありません!!

女性であれば、どんなにスリムに見える人でも誰もがみんな

「セルライトショック」を経験しています。

では、なぜセルライトってできるのでしょう。

敵を打つには、まずは敵を知らないと…ってことでセルライトについて。。。

セルライトって?

セルライトの話は、女性の皆さんなら、1度のみならずお聞きになられたことがあるかと思います。

セルライトとはお尻や太ももなどに起こりやすく、肌がデコボコしたオレンジの皮のようになったものを言います。

血行が悪くなると、皮膚の下にある脂肪細胞の代謝が衰えてきます。

そうすると脂肪細胞が肥大化し、脂肪同士や老廃物が絡み合ってセルライトとなります。

セルライトは脂肪細胞がダメージを受けたことによって、出来ていきます。

かたくなった太い繊維質に囲まれた脂肪に厚みがでてきて、肌は凸凹になっていきます。

セルライトの正体は、脂肪と老廃物の塊です。

セルライトは、そのほとんどが脂肪なのですが、老廃物が混じっているために、普通の脂肪とは違い、いろいろとやっかいなところがあります。

脂肪は食事制限や運動で減らすことができますが、セルライトはダイエットのための食事制限、運動では減らすことも、小さくすることもできません。

強く揉んだり、強い刺激を与えたりするのも、よくないとされています。

脂肪が「内臓」や「皮下」、その他どこにでも出来るのに対し、セルライトはお尻、太もも、お腹、背中、二の腕などを中心に、「表皮に近いところ」にできます。

セルライトは痩せている人や男性にも見られますが、血行が悪くなると発生しやすくなるので、冷えや足のむくみなどに悩む女性に多く見られます。

成人女性の約8割の人に、みられるとも言われています。

セルライトは一度できてしまうと自然に消えることがないため、さらに血行不良、むくみ、冷え性などの悪循環を繰り返します。

そして、どんどん痩せにくい体になってしまうのです。

セルライトの原因1

主なセルライトの原因としては、

・冷え、むくみ
・加齢、ホルモンバランスの変化
・運動不足
・ストレス

その他いろいろ原因はありますが、血行が悪くなり、脂肪細胞の代謝がおとろえるとセルライトができてしまいます。

組織内の脂肪細胞は、細くて柔軟性のある繊維組織により支えられています。

酸素や栄養素がたっぷりと含まれる血液は、大動脈瘤から枝分かれしながら、より細い血管へと流れていきます。

そして、毛細血管まで来ると、運んできた酸素や栄養素をまわりの細胞に届けます。

細胞は、こうした酸素や栄養素を自分の細胞内に取り入れることによって、新陳代謝を繰り返し、元気に活動していくことができるのです。

しかし、ここにトラブルが起きて、酸素や栄養素が細胞に運ばれないと、周りの細胞も思うように働くことができず、毒素や老廃物は捨てられずに、組織内に溜まっていくことになります。

細胞はダメージを受け、新たな細胞づくりができづらくなって来ます。

細胞は、血液から酸素や栄養素を受け取れなくなると、縄のような太い繊維を大量につくるようになります。

こうした太い繊維は脂肪を包み込むようになります。

こうしてできたのが「デコボコ構造」のセルライトです。

セルライトができると、その繊維により脂肪はがん字絡めの状態から立ち去ることができず、血行は悪くなり、そこにどんどん脂肪が蓄積し、肥大化していくようになります。

一度できてしまったセルライトは、自然に消えることはありません。

かといってなにもせずに生活改善も体質改善もしないでいるとセルライトはどんどん厚くなりますます。

リンパや血液の循環をはばみさらにどんどん太くなる…という恐怖の悪循環のループにはまることに…

「じゃあ…どうすれば…?」

ただしいアプローチをしていけばセルライトの悩みはかならず改善します。

セルライトの原因2

セルライトは血管に浮遊した皮下組織の脂肪細胞に老廃物が付着し、脂肪細胞そのものがお互いに結合することで生成されます。

つまり、セルライトが出来やすい大きな原因の1つは、血行などの循環機能による障害にあるといえます。

血行が悪くなって、血液の流れが滞るようになると、血液は重力の下のほうにある足に溜まっていくようになります。

特に心臓へと戻っていく静脈血は、重力に逆らって流れているため、静脈血にトラブルが起きると、下半身に滞ってしまうようになります。

セルライトができやすい部分が「太もも」や「ふくらはぎ」「お尻」といった下半身に多いのは、下半身の方が、血行が悪く、血液から放出された水分は、足などに「むくみ」を起こすようになるからなのです。

血行が悪くなる原因として、「運動不足」や「加齢」などがあります。

また「むくみ」や「冷え性」も血行が悪くなる原因ですし、血行の悪さが、さらにひどい「むくみ」や「冷え性」を引き起こす悪循環になります。

セルライト除去対策としてまず必要なことは、セルライト生成の大きな原因となる循環機能の改善にあるといえるでしょう。

セルライトの原因3

セルライトのできる原因の1つともなっている「老廃物」とは、エネルギー代謝の際に生じる、エネルギーの燃えカスなどの不要な物質のことを言います。

わたしたちのからだの中には、血管とは別に細いリンパ管が張り巡らされています。

エネルギーの燃えかす、余分な水分、老廃物などは、血液やリンパを通って運搬されて、腎臓、肝臓でろ過されたあとに排出されていきます。

リンパ管には、こうした下水道の役割があるのですが、もしこのリンパ管にトラブルが発生すると、老廃物などが、うまく体外に排出されなくなり、むくみを生じさせます。

セルライトの原因4

食生活は、セルライトの発生に影響してきます。

・食事の代わりにスナック菓子ばかり食べている

・加工食品を食べることが多い

・野菜や果物、海藻などは、あまり食べない

・脂肪分や糖分の多いものをよく食べる

・甘いものが好き

・味付けの濃いものが好き

・アレルギーを起こす食品がある

・お酒を「大量に」飲む

・煙草を吸う

などは、セルライトができる条件に繋がります。

◆便秘や運動・睡眠不足も、下半身に水分を溜めやすくなり、セルライトができやすい状況を作り出す原因になります。

◆姿勢の悪さも、リンパ管や静脈を圧迫し、下半身に不要な水分を溜め込む原因になります。

足を組んで座る人がいますが、正しい姿勢を崩すことになり、美容にも健康にも、よくありません。

◆骨盤周辺や子宮や卵巣などの手術を受けた後は、リンパの流れが悪くなり、これによりセルライトが出来やすくなることもあります。

◆妊婦はエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の値が高くなる影響で、セルライトが出やすい状態になります。

◆ストレスは、ホルモンや自律神経、免疫系統に悪影響を及ぼし、セルライトもできやすい状態が生じるようになります。

美脚のポイント

1まず、正しい姿勢が大切です。

2ストレスは血液やリンパの流れを悪くし老廃物を溜め込みやすい原因にもつながります。

3セルライトのできやすい太もも・ふくらはぎ・お尻といった下半身をマッサージすることにより、血行を促進し、セルライトのできにくい体質を作ります。

4食生活の改善は重要な課題になります。

むくみを解消する食生活を心がけましょう。

からだを冷えから救い、むくみを解消する食生活を心がけます。

余分な水分は、からだの冷えを助長させます。

むくみを解消することで、代謝の良い体質に改善することができます。

5効果的なエクササイズを加えて、気になる部位を攻略していきましょう。新陳代謝を促し、美しいボディを手に入れていきましょう!

6入浴や足浴は、血行を促し、不要な廃棄物や水分をからだの外に押し出す効果があります。

疲れを取り、心を癒し、ストレスからあなたを解放することを助けます。

セルライトに関係がある足裏ゾーン

頸部リンパゾーンを揉みほぐす場合は、足の5本指の間に、足の裏側から5本の手の指を差し込んでおこないます。

また、特に腎臓から膀胱のゾーンに向かってマッサージすると、水分の排泄に効果があり、むくみがスッキリと解消されます。

開始して一ヶ月が経ちました。

サイズとしては、マッサージをすると1cm位グッと細くなります。

それ以上に驚きを感じていることは、冷房が効いた所に長時間いても足が冷たくなりにくくなったことです。

夕方になると時々むくむのは、私のマッサージがまだ日課になっていないからだと思います(すみません)。

膝下より膝上のムチムチが気になっているので、合わせて努力します。

20代女性

少しではありますが、ふとももがひとまわりスリムになりました。

まだまだ、理想には遠いですが、地道にすすんでまいります。

これからも、宜しくお願いいたします。

30代女性

むくみ解消レシピ

美脚スープ

材料:

  • 大豆の水煮
  • 玉ねぎ
  • キャベツ
  • 昆布
  • 塩・鶏がら

作り方:昆布をあらかじめ水に漬ける。スライスしたたまねぎと、ザク切りしたキャベツを入れ、大豆の水煮を入れ、鶏ガラ・塩で味を調える。

  *お好みで豆乳を入れたり、醤油・味噌などを用いたりして、味にバリエーションをつけるようにします。

学んで食べて綺麗になる!オンラインで資格が取れる!

脂肪燃焼スープ検定2級講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする