体調が悪い時の脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープは、ダイエット目的だけでなく

食欲がない時や体調が悪い時にもオススメです。

冷凍庫に常備しておくと便利ですね。

脂肪燃焼スープの保存方法

<質問>

食欲が全くないときや体調が悪いときでも、ダイエットスープを食べたほうがいいのでしょうか?

<回答>

体調が優れない時というのは、辛いものですよね、

食欲がないときや体調が悪いときは、無理に食べない方が良いと思います。

温かいハーブティーのようなものを多めに摂って、ゆっくりと身体を休ませた方がいいですね。

特に夏は、冷房で身体が冷えている上に冷たいもので身体の中からも冷やしてしまい、胃腸の働きを弱めてしまいがちです。

そうして、胃腸の働きが落ちると、代謝も落ち、結果として食欲も落ちてしまいます。

体調不良の時の対処法

人生の中において健康管理のために ツボを知っていると
とても役に立つものです。

ツボは、一つ一つ深い意味があり、世界基準で一応、場所は決まっているのですが、 漢字の使われない国では、記号と番号で覚えるんですよね  

規定のツボは、361穴ありますが ただただ、暗記するというのは苦痛な感んじなのですが〜、、  

それ以外にもツボには 奇穴とか、特効穴とかありますので大変でしょうね〜と、思ってしまいます。。。 

日本人に生まれて良かったです。

ツボの漢字を見ただけで、どんな働きのツボなのか深い意味が読み取れるんです。

有名どころのツボだけでも知っていると便利ですよ〜

しかも自分自身の体にあるわけですし、使っても使わなくてもツボは存在する。。 

 なんか頭痛いな〜とか  便秘だわ〜とか 最近、たるみが気になる〜とか 

 ダイエットにも!使いこなしていくと便利です。

冷えが原因の場合

たとえ真夏であったとしても、冷房の中に一日中いることが多いと身体の芯から冷え切ってしまうという方も多いかもしれませんね。

そんな方は、普段、下腹や腰まわりを触ってみるとつめたーくなっているのが感じられるはず。

夏でも上手にカイロで体調管理を行うのがおすすめです。

もちろん、涼しくなってきた頃からは、カイロはしっかり常備しておきましょう。

骨盤まわりをあたためることで、気血の流れが改善され身体全体があたたまり、代謝アップにつながります。

【カイロをはる場所の例】

・おへそ

・仙骨

・左右のおしり

・腰まわり

・足首

実際に自分で身体に触れてみて、冷たくなっている箇所にカイロを貼ってください。

また、熱く感じられてきたら、場所をずらしてください。

そのまま貼っていると低温やけどになるおそれもありますのでくれぐれも気をつけてくださいね。

1〜2時間で暖かくなってきたら、カイロを外してジップロックに入れておくと次にも使えますよ。

《お灸》

「せんねん灸」ってご存知ですか?

これは本当に優れもののお灸です。

このおかげで誰でも気軽にお灸ができるようになりました。

お灸とは、人体の経絡に沿ったツボにあたる部分に温熱の刺激を与えることによって血流をうながしてくれる優れものです。

もぐさの香りもリラックスできます。

お灸の良いところは、即効性があることです。

下記にご紹介するのは、女性特有の冷えに効果の高い特攻ツボです。

お灸ビギナーの方は、もっともマイルドなタイプのものからはじめましょう。

「お灸をする場所の例」

~足~

・三陰交・・・内くるぶしの最高部から指4本分上にいったところ。

・足三里・・・膝に親指をかけて、指を下におろしたときに中指の位置でず―んと奥まで響くところ。

・陽陵泉・・・ひざの外側にある親指幅のくぼみ。

・血海・・・ひざの内側の上縁、指3本分上のところ。

今回は初心者でも実践しやすい足のツボを4つだけご紹介しました。

ツボは身体のあちこちにありそこを効果的に刺激することで、冷えだけではなく肩こり、腰痛、偏頭痛といった不定愁訴にも効果大です。

ぜひ、気軽にお試しください。

お灸を習慣付けることによって、いつのまにか代謝があがり疲れをためない流れの良い身体に導くことも可能です。

ダイエットの正しい知識を身につけたい

ダイエットの正しい知識を身につけるための資格は↓

ダイエット資格を取得するには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする