ヒノキアロマの効果と使い方!ぐっすり眠れる

ヒノキアロマの効果と使い方を確認してみました。

ヒノキアロマは、深いリラックス効果があるので睡眠時にもいいです。

以前、香りの見本市でヒノキアロマを知り、

それ以降、とても気になっていたので最近、購入しました。

優しい香りに包まれるのでとても気に入っています。

吉野ヒノキ10ml

ヒノキ精油の効果

ヒノキは、日本と台湾のみに自生しています。

爽やかでウッディな香

疲れを取り、リラックス効果があります。

注意事項

妊娠中は、使用を避けた方がいいです。

ヒノキアロマの使い方

コットンに垂らして使う

ティッシュやコットンに垂らして芳香を楽しみます。

ベッドサイドに置くと、心地良い眠りに入ることが出来ます。

手浴・足浴

むくみ、筋肉痛の時など手浴・足浴に使うのがおすすめです。

また、高齢者の方にもオススです。

洗面器にお湯を入れ、ヒノキアロマを1滴垂らします。

精油が直接お肌に付かないように注意してくださいね。

塩やエプソムソルトに予め混ぜ入れるのもいいですね。

オレンジスートと相性が良いのでブレンドして使うのもおすすめです。

入浴

湯船に入れると深いリラックス効果で心地良い空間になります。

手作り入浴剤をご紹介します。

エプソムソルト:1cup

ヒノキアロマ:2〜3滴

ローズマリー、フランキンセンスとのブレンドもオススメです。

これらをビニール袋に一緒に入れて

シャカシャカと混ぜ合わせれば出来上がりです。

身体が芯から温まり代謝アップします。

長湯をするときは、ペットボトルのお水を持ち込みましょう。

精油だけ使ってももちろん大丈夫。

その場合は、直接湯船に垂らすのではなく

ビニール袋にお湯を入れ、そこで混ぜ合わせてから浴槽に投入してください。

こうすることで、新鮮な香りを逃がすことなく

気持ちよく入浴することができます。

手作りルームフレグランス

ヒノキアロマの香りをお部屋いっぱいにしてみます。

リラックス出来ますし、テレワークの合間のリフレッシュにもオススメです。

手作りルームフレグランス作り方

  • 精製水:40ml
  • 無水エタノール:10ml
  • ヒノキアロマ:15〜20滴

予め50ml容器を用意します。

その中にヒノキアロマ、無水エタノールを入れ

良く振ってから精製水を加えて良く振ります。

冷暗所で1〜2ヶ月は、持ちます。

私が使っているヒノキアロマは↓

吉野ヒノキ10ml

手作り入浴剤として使っているエプソムソルトは↓

エプソムソルト2.2kg

ヒノキアロマの効果と使い方まとめ

ヒノキアロマの効果と使い方をまとめます。

ヒノキアロマの効果は、疲れを取りリラックス効果があります。

コットンやティッシュに垂らして

ベッドサイドに置くとぐっすりと眠ることが出来ます。

手浴、足浴、入浴に使うと深くリラックス出来ます。

手作りルームフレグランスとしてお手元に置いておくとリラックス出来ます。

また、テレワーク や家事の合間のリフレッシュにもいいですね。

簡単ですので是非、試してみて下さいね。

ヒノキアロマは、100%天然素材で信頼がおけるものを選ぶのがいいです。

私は、アマゾンで買いました。

お手頃価格で効果も実感出来ます。

確認→私がAmazonで買ったヒノキアロマはこれ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする