免疫力を上げる果物キウイで風邪に負けない体を作る

気温が下がってくる秋から冬にかけては、空気も乾燥して

ウイルスの活動も活発になりインフルエンザや風邪をひきやすくなりますね。

感染症の予防対策をしっかりと行った上で

重要なのが、免疫力を高めておくこと。

免疫力については、こちらに詳しく書いています↓

免疫力を高める食べ物の組み合わせ

免疫力キープに役立つビタミンC

ビタミンCの働きには、さまざまな働きがありますが

ビタミンCは、生合成および抗酸化機能に加え、

免疫機能の上でも重要な役割を果たしており、

植物性食品に存在する鉄の形態である非ヘム鉄の吸収を高める。

引用元:厚生労働省HP統合医療情報発信サイト

成人のビタミンCの1日あたりの推奨摂取量は100mgです。

ビタミンCは、水溶性で熱に弱いため加熱には向きません。

生の果物で摂ることがオススメです。

サンゴールドキウイには、それを大きく上回る160㎎のビタミンCが

含まれていて、さらにビタミンEやミネラル、食物繊維も

含まれているそうなんです。

2016年に発表された研究データでは、1日2個のキウイを6週間食べ続けると

血しょう中のビタミンC濃度が最大となることがわかりました。

ビタミンC濃度が高くなると、免疫がよりうまく働く可能性があります。

また、別の研究では、1日2個のキウイフルーツを4週間食べ続けたところ、

この免疫細胞の働きが活発になることもわかっています(西山先生)

引用元:Zespriホームページ

ちなみに、ビタミンCは水溶性なので、

過剰に摂取した分は尿中に排出されてしまい、

体内に溜めておけません。

キウイフルーツを毎日摂り続けて、体内のビタミンC濃度を

高くキープすることが大切です(西山先生)

引用元:Zespriホームページ

免疫を高める腸内環境

免疫力をきちんと働かせるためには、腸内環境を整えることが重要になります。

こちらも合わせてどうぞ↓

腸内環境とは?

キウイには、水溶性食物繊維と脂溶性食物繊維が含まれています。

キウイフルーツには、2種類の食物繊維が理想的なバランスで含まれています。

ヨーグルトと一緒に食べると、食物繊維と乳酸菌をあわせて摂れるので、

腸内環境のためにはさらに効果的。

風邪やインフルエンザなどの感染症が流行りやすい時期には、

ぜひ習慣にしてほしいですね(大竹先生)

引用元:Zwspriホームページ

キウイレシピ

免疫力を高めてくれる嬉しいキウイの効果

そのまま食べても美味しいですが、

ちょっと手を加えてみると飽きずに続けることが出来ますね。

キウイの酵素ドリンク

材料:

  • キウイ2~3個
  • りんご酢250cc

作り方:りんご酢にキウイを入れる。1週間ほど経ったら薄めてレモン、蜂蜜を加えて飲む

キウイジュース

材料:

  • キウイ1~2個
  • レタス1枚
  • レモン・少々
  • はちみつ

  作り方:全部入れてミキサーにかける

こちらにもキウイを使ったレシピがたくさん出ています↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする