酵素ドリンクダイエットのやり方

40歳を過ぎてくるとこってり系の食事やお肉料理は、苦手という方もいらっしゃることと思います。

すぐに胸焼けする。。食後、下痢してしまう。。

などなど・・・では、それはなぜなのでしょうか?

内臓の老化も一つの原因として考えられます。

食事をすると消化酵素というものが出ますが、この消化酵素も年齢と共に衰えてきます。

若い時のように消化酵素がたくさん出る状態ならいいのですが、

衰えることで消化不良を起こしてしまう場合もあり、

それが食後の下痢となる場合もあります。

また、すぐに胸焼けを起こすということもあります。

お肌の状態は、内臓の現れ、と、東洋医学では考えますので

内臓をいつまでも元気に若々しく保つことは

美肌を保つことにおいても重要です。

野菜や酵素たっぷりの食事を心がけることが重要となります。

酵素たっぷり摂って美しく

私たち人間の体は、食べ物を摂ると体の中の酵素が使われます。

酵素が足りていないと内臓から絞り出すことに〜、、

そしてそれが、老化が早く進むということに繋がってしまいます。

だから日頃よりたっぷりの酵素を摂っておきたいものです。

まずは、食事で酵素をたっぷりと摂りましょう!

酵素ジュースは、お家で簡単に作れるのでとってもオススメです

酵素とは?

私たちは、食べ物を食べると消化・吸収・代謝が行われますが、その過程でさまざまな酵素が働いています。

体内で働く酵素が少なくなると体の調子も悪くなってくるため、歳を重ねると消化や代謝の機能がが衰えてきます。

胃の酵素は、39度~41度くらいの間でしか働かないので

冷たい飲み物を飲むと胃の働きを補うために他の内臓に多大なるご迷惑をかけてしまいます。 

そうすると内臓が疲れる。

それが積み重なって長期間に及ぶと内臓が疲弊し、

早く年をとるということにつながります。

酵素ドリンクダイエットのやり方

酵素ドリンクでまずお勧めなのは、グレープフルーツを使ったサワードリンク

グレープフルーツに含まれる苦み成分の「ナリンギン」には、

食欲をおさえる作用があるといわれ、良くダイエットにも使われています。

ビタミンCが豊富で疲労回復・二日酔い、肝臓機能の増強、解毒作用に役立ちます。

また、脳血管障害や心臓病の予防になります。

ホワイトのルビーのうち、ルビーの方がβカロチンが豊富で活性酸素を除去する働きが強いと言われています。

糖分が、少ないので毎日でも食べることができます。

酢は、発酵食品の代表でもあり、疲労効果・殺菌作用・血圧抑制・血糖値のコントロールなどさまざまな効果があります。

薬膳では、血の巡りを良くする代表食材。

お酢にフルーツや野菜を漬けて食べたり、サワードリンクにしたりと昔から健康維持のために使われてきました。

また、発酵食品は、体を温め、酵素を活性化する働きもあります。

グレープフルーツの酵素ドリンクダイエット

まず、グレープフルーツの酢漬けを作ります。

材料:

  • グレープフルーツ 1/2個
  • りんご酢 250cc

作り方:グレープフルーツは、皮をむき、できるだけうす皮もとる。(薄皮をつけたままでもOK だが、苦みに原因になるので取り除いたほうがベスト) 広口瓶に入れ、りんご酢を入れる。

 半日くらいしたら、食べることが出きる。グレープフルーツは、一週間以内に取り出す。

食べ方:10倍に薄め蜂蜜を加えサワードリンクに。

    サラダにして食べる。

サラダ

・材料:

  • にんじん小1本
  • 酢大匙1
  • 塩少々
  • キウイ1/2
  • 酢漬けのグレープフルーツ(2~3袋)
  • オリーブオイル少々

・作り方:にんじんを太めの千切りにし塩をまぶし、水気をとる。 にんじん・キウイ・グレープフルーツを合わせ、グレープフルーツ酢と オリーブオイルを合わせたドレッシングをかける。

キウイの酵素ドリンクダイエット

 材料:

  • キウイ2~3個
  • りんご酢250cc

 作り方:りんご酢にキウイを入れる。1週間ほど経ったら薄めてレモン、蜂蜜を加えて飲む

ブルーベリーサワーの酵素ドリンクダイエット

  材料:

  • ブルーベリー
  • りんご酢
  • 蜂蜜

その他の酵素ドリンクレシピは↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする