【ダイエット中のお酒】太らないお酒の飲み方

ダイエット生活で困ることは、お酒ではないでしょうか。

お酒は、血行促進作用もあり

酒は「百薬の長」と言われるように体に良い作用をもたらす側面もあります。

上手にお酒も取り入れたいものです。

ダイエットに差し障りのないお酒を選ぶこともできます。

飲んでも太らないお酒の選び方

お酒は、アルコール飲料で高カロリー

なので、ダイエットでは、NGだと考えられます。

しかし、このNGの部分は、お酒の中の糖質やおつまみ

おつまみは、糖質+脂質だと、太るのは当然ですよね。

太らないお酒を選びたいものです。

まずおすすめは、やっぱり

糖質ゼロビールとか糖質ゼロチューハイ

あとは、

ウイスキーを割ったハイボール、ワインが、オススメです。

ワインは、赤のホットワインだとなおベストです。

冷たいものをたくさん飲むというのは、代謝を下げてしまうので少量にしておきましょう。

太らないおつまみの選び方

おつまみは、糖質、糖質+脂質

は、避けましょう。

ポテトサラダやフライドポテト、ポテトチップスなどは、あまりオススメしません。

オススメのおつまみは

枝豆、豆腐、魚類、野菜系

が、オススメです。

ただ、サラダは、ドレッシングのかけすぎは、要注意です。

ダイエット中のお酒の飲み方4つのポイント

1.お酒を割るときには、無糖のウーロン茶やほうじ茶、炭酸水などにしましょう

2.おつまみで太る場合もあるので野菜やタンパク質を中心としたおつまみにしましょう

3.水分補給しながら飲みましょう

お酒を飲むと利尿作用が高まり脱水状態となりますのでこまめな水分補給が 必要になります。

でもがぶがぶと飲むと水分の吸収が追いつかずに気分が悪くなるので

こまめにとるのがポイントです。

4.お酒の後は、フルーツ

お酒の後は、脱水状態となりミネラルやビタミンが失われた状態です。

お酒を飲むと食欲が増してしめのラーメンな〜んていうのが定番みたいですが、一番、太るパターンですよね、

食べたくなったらフルーツがオススメです。

水分もミネラルもビタミンもたっぷりと取れるからです。

お酒を飲む方は、健康的なお酒時間をどうぞ。

動画で見る↓

ダイエット中のお酒

お酒を飲む前と翌朝脂肪燃焼スープがオススメ!

お酒を飲む前に脂肪燃焼スープを1杯召し上がることがオススメです。

糖質や脂質が入っているものを飲んだり食べたりしても血糖値の急激な上昇を抑えることが出来ます。

お酒を飲むことでビタミン、ミネラルが消費されます。

翌朝は、補う意味でもビタミン、ミネラルを摂るようにしましょう。

脂肪燃焼スープは、野菜がたっぷりなのでビタミン、ミネラルを補うことが出来ます。

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

脂肪燃焼スープのスペシャリストになる

脂肪燃焼スープダイエットは、簡単で結果が出るダイエット法です。

サロンや治療院、ジムなどさまざまなところで取り入れられています。

脂肪燃焼スープマイスターになることで

正しい脂肪燃焼スープダイエット法を学ぶことが出来ます。

詳しくは↓

脂肪燃焼スープマイスター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする