ダイエットしても痩せない理由

そんなに食べているわけではないのに痩せない。

こんなにダイエットしているのに痩せない。

と、思うことがあるとしたなら、原因があるはずです。

甘いものがやめられない

砂糖は、コカインよりも依存性が高いのだそうです。

特に小麦粉と砂糖の組み合わせの中毒度は、高く

クッキーや甘い菓子パン、ドーナツなどが、良くないそうです。

甘いものを食べた後、

急激に血糖値が上がり大量にインスリンが使われその後、低血糖を起こす、

そして、甘いものを食べずにいられなくなる、

というのが砂糖中毒の症状です。。

悪循環の繰り返しに陥ってしまうんですよね、

単に太るだけでなく糖分過多が長期間続くことで

神経異常など病気を引き起こしていきます。

お気に入りのお菓子がある人、

コンビニに入った時にスイーツコーナーが気になる人は、

気をつけたほうが良いですね。

砂糖中毒を防ぐ方法は、

ビタミンB1が豊富な豚のバラ肉などを摂るといいです。

豚肉は、疲労予防にもいいですし代謝も上げてくれるので適度に摂りましょう

何事もバランスが重要ですね。

その健康ドリンクは大丈夫?

暑くなってくると飲料水が欲しくなりますよね。

糖質の入っていないものを選びましょう。

一見、健康に良さそうなドリンク類は、

たくさん、コンビニに並んでいます。

ついつい手を出しそうになりますが、

ちゃんと裏を見て成分表をチェックしましょう。

糖質たっぷりの清涼飲料水を摂り続けていると

膵臓からのインスリンの放出が、遅れがちになり、

ぐんぐん血糖値が上がって慌てて大量にインスリンが出るという事態に。

すると今度は、急に血糖を下げるので低血糖状態に陥ってしまいます。

低血糖状態の症状は

疲れやすい、だるい、眠気、不安、動機、イライラ、

などなど・・・

最近、やたらと眠くなる

集中力が続かない

イライラする

といった症状に思い当たる方は、

ご自身の摂っている清涼飲料水を書き出してみて

糖質が、入っているものかどうかチェックしてみるといいかもしれませんね。

大抵の場合、糖分が入っている清涼飲料水を水やお茶に切り替えるだけでやせます。

こちらも合わせてどうぞ↓

ダイエット中の飲み物

コンビニでの歩き方が太るか痩せるか決めている?

コンビニでの歩き方が太っている人と痩せている人とでは違うのだそうです。

太っている人は、缶コーヒー→カップ焼きそば→パン→プリン

痩せている人は、サラダ→お弁当→ジャスミンティーや健康茶→大福か串団子

ついつい立ち寄ってしまうコンビニです、

飲み物だけのはずがプリンやチョコレートなどついつい買ってしまうことはよくありますよね。

なんとなく手にとってしまっているもの

どんな風にコンビニを歩いているか

一度、書き出してみるとわかりやすいかもしれません。

また、痩せている人と一緒に歩いてみるというのも

いいかもしれませんね。

なにげなく立ち寄ってしまうコンビニが、

太るか痩せるかの分かれ道になっているのかもしれません。

食後ゆっくりすると太ります

最近の医学では、食後は、すぐに動いた方がいいと言われています。

昔は、「食後は、休んだ方がいい」だったのが変わったんですよね。

栄養学を含め健康に関する常識も時代とともに変化していくので最新の情報に脳内を書き換える必要があります。

食後、休むと太ってしまいます。

食後は、すぐに動いた方が血糖値の上昇を抑えることができます。

特に糖質が多いものを食べた後は、すぐに歩いた方がいいです。

お食事後は、ゆっくりしないで歩きましょう。

太っているのは遺伝のせい?

うちの家系は太りやすい家系だから、、、

うちは、やせの大食い、、

な〜んていう会話もあることから

太っているのは、遺伝が原因

と、思っている人も多いかもしれません。

遺伝子研究では、肥満遺伝子に変異がある場合は、

消費カロリーが100〜200kcal多かったり、少なかったりするのだそうです。。

しかし!

遺伝は、25%

残りの75%は、生活習慣で決まると言われています。

やっぱり、遺伝のせいにするのではなくしっかりと食のコントロールをして

ベストなスタイルをキープしていたいものですね。

オススメの脂肪燃焼スープダイエット

ダイエットのためには、運動と合わせて脂肪燃焼スープダイエットが

オススメです。

無理なく痩せることが出来ます。詳しくは↓

脂肪燃焼スープダイエットやり方


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする